2010年01月31日

<全建国保>多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査(毎日新聞)

 東京都と厚生労働省関東信越厚生局は25日、建設関連の業者で組織する「全国建設工事業国民健康保険組合」(東京都中央区、組合員約9万2000人)の徳島県支部(徳島市)に対し、国民健康保険法に基づく立ち入り検査を実施した。同組合の内部調査で、実際に建設関係の業種に従事していない「無資格者」の加入者が多数存在していることが判明したためで、検査は28日までの予定。

 国民健康保険法では、組合を設立する際は都道府県知事の認可が必要で、組合員は同業者で構成することが定められている。同組合は、とび職、左官、板金、造園などの28業種に従事していることを加入の条件としているが、「徳島県支部の加入者の多数が無資格であると認めた」との一部報道をきっかけに、都などが実態解明に乗り出した。

 その後、同組合から都に対し、「徳島県支部の組合員1888人のうち655人が『建設関係の仕事に従事していない』と答えた」との内部調査結果が報告された。都の担当者は「経緯や実態について説明を求める必要がある」と話している。

 同組合は「検査には全面的に協力する。今後その他の支部でも組合員の業種確認の調査をしていきたい」としている。【江畑佳明】

【関連ニュース】
無保険の子:短期保険証1161人届かず 厚労省調査

秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も (産経新聞)
民主党政治資金チームが会合 企業献金禁止法案の4月提出目指す(産経新聞)
「学校の感度低い」=児童虐待死事件で−文科相(時事通信)
雑記帳 「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)
<小沢幹事長>「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
posted by bxckopfi1j at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

菅家さん「謝って」元検事「深刻に受け止め」(読売新聞)

 宇都宮地裁で開かれた足利事件再審公判での森川大司検事(当時)への証人尋問の主なやりとりは以下の通り。

          ◇菅家 17年半もの長い間、無実の罪で捕まっていたことをどう思うか。森川 主任検事として証拠を検討して犯人に間違いないと判断して起訴した。犯人ではないことが判明して非常に深刻に思っている。菅家 全部やっていないと正直に言ったのに、なぜ弁護士や裁判所に伝えなかったのか。森川 どういう調べをするのかは検察官の裁量と考える。弁護士や裁判官に報告する必要はないと考えていた。菅家 謝ってください。森川 新たなDNA型鑑定で犯人でないことをうかがった。深刻に受け止めている。菅家 家族に謝って。森川 今申した通り。菅家 今苦しんでいる。どう思うか。森川 今申した通り。菅家 反省していないのか。森川 話した通り。菅家 私を人間性がないと言った。あなたの方がないんじゃないか。私は怒っている。森川 人間性がないと言ったつもりはない。菅家 テープを聞き、つらい思いをした。謝る気はないか。森川 深刻に受け止めている。菅家 立場を逆に考えてほしい。謝ってください。森川 申し上げている通り。
佐藤博史弁護士(以下佐藤) 菅家さんをどういう性格だと思ったか。森川 強く言うと反論できない、おどおどしていると思った。佐藤 逮捕は上司から自白が取れなければだめだと聞いたことは。森川 近いようないい方をされた。佐藤 死刑になる可能性があると菅家さんに話したか。森川 刑務所から一生出られないという話はした。佐藤 自白がパターン化しており、虚偽と考えたことは。森川 ない。佐藤 92年12月7日の取り調べで菅家さんが否認した。翌8日、本件について「認めているから起訴したわけじゃない」と菅家さんに言っているが。森川 否認しても有罪だと考えていた。公判の証言も重要な証拠だ。佐藤 公判で菅家さんが否認した時、取り調べに否認したことが頭をよぎらなかったか。森川 よぎったというか、やっぱり否認したのかと思った。佐藤 公判では、取り調べ時の否認に言及しなかったのは、隠すためだったのか。森川 隠すということとは違う。言及する必要もなかった。佐藤 取り調べで否認したことを裁判所が知っていれば判断が変わった可能性もある。森川 わからない。佐藤 無実だと思ったことは。森川 それはない。佐藤 科学警察研究所のDNA型鑑定の証拠価値をどう判断したか。森川 DNA型鑑定だけで認定したわけではないが、鑑定が有力な証拠と思った。佐藤 犯人の精液と菅家さんの精液が一致したことを告げ、「同じ精液を持っている人が何人いると思うんだ」と追及したのは、鑑定の証拠価値に無知な菅家さんを錯覚に陥れる取り調べでは。森川 そう思っていない。佐藤 無実の人に自白させたことに反省はないか。森川 証拠はそれぞれの時に判断すべきもので、答えようがない。石塚章夫弁護士(以下石塚) 否認した翌日の取り調べは、足利事件が目的の一つか。森川 そうなるかと思う。刑事責任を免れる虚偽供述だと判断し、信ぴょう性を検討するために確認した。石塚 その際、黙秘権について告知したか。森川 覚えていない。黙秘権は何度も伝えていたので分かっていると思った。泉沢章弁護士 テープを取った理由は。森川 別の2件の幼児殺害事件は証拠が薄く、供述の仕方や態度が証拠になると考え、録音した。

“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)
振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)
鳩山首相、麻生前首相の二の舞!?故事成語を自信満々の勘違い(スポーツ報知)
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同(産経新聞)
バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
posted by bxckopfi1j at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)

 神戸市中央区の30代の女性が行方不明になり、この女性の関係者の男が兵庫県警の事情聴取に「頼まれて(遺体を)捨てた」と供述していることが22日、分かった。県警は男の供述をもとに、京都府綾部市内の山林を捜索するとともに、女性が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、死体遺棄容疑で捜査を始めた。

 捜査関係者によると、女性は平成20年10月に行方が分からなくなり、九州に住む女性の姉が県警に家出人捜索願を出していた。男は40代で大阪市内に住んでおり、今月20日に県警葺合署に出頭、別の人物に依頼されて綾部市内に遺棄したことを供述。「神戸市内から車で遺体を運んだ」などと話しているという。

 女性は当時結婚していたが、夫とは別居中でマンションで1人暮らし。姉と頻繁に連絡を取っていたが、突然2日間にわたって携帯電話が通じなくなったことから、姉が捜索願を提出。その後、県警がマンションの防犯カメラを調べたところ、20年10月下旬の夜に一人で外出する姿が写っていたという。県警は女性の行方を捜索するとともに交友関係を調べている。

【関連記事】
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男
井戸の遺体を元社長と確認、死体遺棄容疑で男逮捕へ
アパート女性遺体、住人の33歳女を逮捕 東京・瑞穂、死体遺棄容疑で
登米市の山林に女性遺体、死体遺棄容疑で長男聴取
殺人容疑で41歳男を再逮捕 新潟の死体遺棄事件

重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り−社民党大会(時事通信)
振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕−京都、福井両府県警(時事通信)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
17歳里見先勝!三間飛車研究が実った…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
posted by bxckopfi1j at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。