2010年04月29日

介護福祉士の養成課程に関するパブコメ結果を発表−厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月26日、「介護福祉士の資格取得方法の見直し」についてのパブリックコメントの集計結果を発表した。

 募集されたのは、6か月(600時間)以上の養成課程の受講が、介護福祉士の資格取得の要件に加えられたことに対する意見。募集は、3月5日から4月4日にかけて実施され、2423件の有効回答が寄せられた。

 6か月以上の養成課程に対する認識では、「一定の養成課程は必要であると思うが、6か月以上では長すぎる」とする意見が、全体の42.6%(1032件)を占めた。また、介護福祉士を目指す人に対する支援策については(複数回答)、「身近な地域で受講できる環境が必要」が59.7%(1446件)で最も多く、次いで「受講費用を助成する仕組みが必要」が43.9%(1064件)、「単位制を取り入れ、段階的に受講できるようにするなど、受講者のやる気を引き出す仕組みとすべき」が37.3%(903件)となった。

 6か月以上の養成課程に対する認識について回答者属性別に見ると、「介護福祉士」「介護福祉士の資格を持たない介護サービス従事者」とも「一定の養成課程は必要であると思うが、6か月以上では長すぎる」との回答が最も多かった。

 一方、介護サービス経営者や介護サービスを利用する家族からの回答では、「介護分野の現状に即して、6か月以上の養成課程の実施は当面見合わせるべきである」という意見が最も多く寄せられた。医師、看護師などの病院関係者では、「介護福祉士の資質向上のため、6か月以上の養成課程が必要である」と「一定の養成課程は必要であると思うが、6か月以上では長すぎる」との回答が同数だった。


【関連記事】
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会
社会福祉士合格率27.5%、PSWは63.3%

中国で西松建設を提訴も=強制連行で和解拒否の元原告(時事通信)
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)
雑記帳 保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)
鳩山首相に「不起訴相当」議決(スポーツ報知)
<ハウステンボス>リニューアルオープンへ 集客増目指す(毎日新聞)
posted by bxckopfi1j at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。