2010年06月15日

シャッターの3業者に55億円の課徴金納付命令 公取委(産経新聞)

 ビルなどの建築物用のシャッターの販売価格でカルテルを結んだなどとして、公正取引委員会は9日、三和シヤッター工業(東京都板橋区)、文化シヤッター(文京区)、東洋シヤッター(大阪市中央区)に独占禁止法違反(不当な取引制限)で排除措置命令を出し、総額55億2164万円の課徴金納付を命じた。

 文化シヤッターは平成20年11月に公取委が3社を立ち入り検査した後、関連資料を提出し、課徴金減免を申請した。しかし公取委は、提出資料の修正があったり、追加資料の提出に応じなかったとして却下した。課徴金減免申請が却下されたのは初めて。

 課徴金の額は三和が持ち株会社分と合わせ28億1540万円、文化が20億2592万円、東洋が6億8032万円。

 公取委によると、3社と三和の持ち株会社の計4社は、遅くとも平成19年5月以降、近畿地区で販売するゼネコン向けシャッターの見積もり価格を支店長級が集まる会合で話し合い、談合して決めた。また3社は20年3月、文京区のホテルの高級レストランに役員が集まり、4月1日見積もり分から価格を10%値上げするよう取り決めた。

 三和ホールディングスは「審判請求を含めて対応する」、東洋シヤッターは「内容を精査し、検討したい」としている。

【関連記事】
「平成最大の公共事業」光ファイバー網を食い物に…“3強連合”主導で600億円を山分け
光ケーブル5社、カルテルで課徴金160億円
エルピーダなど半導体10社に罰金 総額370億円
シャッター3社に課徴金55億円通知 カルテルの疑いで公取委
業界単位の排出枠割り当て否定 環境相が排出量取引で 独禁法に配慮

蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”(産経新聞)
水難 兄弟死亡 ゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
<運転見合わせ>JR中央線快速、東京−高尾間で 午後7時19分ごろ運転再開(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
<布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
posted by bxckopfi1j at 18:31| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。